オンラインカジノで副業!副業できる3つの理由

オンラインカジノで副業!副業できる3つの理由

オンラインカジノで副業!

オンラインカジノを副業になんてできるの?そんな声が出ると思いますがこの記事ではオンラインカジノを副業にするために必要なことやオンラインカジノをプレイする上での注意を書いていきたいと思います。

オンラインカジノはスマホ一台で完結してしまうので、成人していれば誰でも気軽に参加できます。元手となる資金も株式投資やFXに比べてそれほど必要ではないので、投資をするには資金が少ないが競馬やパチンコでは増やすことができないという人にオススメです。

オンラインカジノで副業が可能?空いた時間でお金を稼ぐ

オンラインカジノで副業が可能?空いた時間で1万円を稼ぐ

理想の副業の形としては時間、場所にとらわれずお金が稼げて、なおかつ高収入であれば言うことなしです。

オンラインカジノは副業の理想の形でいつでもどこでもスマホ一つでできてしまいます。求められるスキルは自制心とある程度の経験とベットするための資金だけ。初心者でも1秒で1万円稼ぐということは無理でも十分に利益を上げることが可能です。

ではオンラインカジノを副業ではなく本業にできてしまうのでは?と思うかもしれません。それは中々難しいというのが私達の見解です。オンラインカジノの還元率はスロットでは約95%。勝率が1/2のバカラではそれでも約98.5%と100%を超えるものではないというものです。なので長期的な目で見ると資金は必ず減っていきます。

オンラインカジノのギャンブルで長期的に稼ぐことは不可能

オンラインカジノのギャンブルで長期的に稼ぐことは不可能

そもそもギャンブルで勝ち得たお金はほかの誰かが負けたお金なので、今勝っていてもいつ負ける側に回ってしまうかわからないということが言えます。故に長期的に勝負をせず、一定額を勝ったらやめてしまう副業というスタンスでオンラインカジノに臨むことがベストです。

オンラインカジノが副業として最適な3つの理由

オンラインカジノが副業として最適な3つの理由

副業とするには前述のとおり、時間・場所・収入の3つのハードルがあります。オンラインカジノがこれらをクリアしている理由をここで紹介します。

副業として最適な理由①オンラインカジノはいつでもどこでもできる

まずは時間・場所の項目です。オンラインカジノは24時間いつでも営業しているため、株式市場や実店舗にいかなければできないパチンコ・パチスロとは違い好きな時間に利益を出すことが可能です。本業から疲れて帰ってきたあとでも会社での休み時間の合間にでも気軽に参加できてしまうのです。また、どこでもできるため毎日の通勤電車であったり、もちろん自宅にて在宅でプレイすることもできます。スマホ一つあれば可能な次世代の副業といっても過言ではないでしょう。

副業として最適な理由②オンラインカジノに求められるスキルは特にない

他の副業で高収入を目指そうと思うと、確実に専門知識やプログラミングなどのスキルが求められますがオンラインカジノはどちらかというとお金を動かすことになるのでそのリスクと引き換えに求められるスキルは特にありません。ギャンブルなのでもちろん損をすることもあるでしょうが、その反面大きな報酬を得ることができるのが魅力的です。

副業として最適な理由③オンラインカジノは高還元な上ボーナスが付くので勝ちやすい

オンラインカジノは高還元な上ボーナスが付くので勝ちやすい

副業なので稼げないと意味がありません。一昔前のパチンコではハイエナ行為などを行うことで勝つことができました。しかしながら、還元率約85%と言われているため並大抵の努力では稼ぐことができません。それに対して還元率の面で見るとオンラインカジノは95%と、とても高いことがわかります。高還元ということはそれだけ勝ちやすくなるということが言えるので稼げる確率がグッとあがります。

あと、オンラインカジノの大きな特徴なのですがボーナスが付くということも忘れてはいけません。他のギャンブルで最初に資金が倍になるなんてことはありえないため、いいオファーがあったら積極的に参加していきましょう。

副業としてオススメなのはテーブルゲーム!

勝率1/2のテーブルゲームでトータルの勝ちを目指せ!

勝率1/2のテーブルゲームでトータルの勝ちを目指せ!

ブラックジャック、バカラ、ルーレットなどの資金管理のしやすいテーブルゲームが副業には最適でオススメです。

特に初心者には運の要素のみのバカラ!オンラインで副業を始める方にオススメします。ブラックジャックだとベーシックストラテジーを覚えねばならず、ルーレットは1/2以外の要素もあるため個人的にはあまり推奨しません。どうやって稼いでいくかというと、システムベットを使うことがよいかと思います。今回やり方までは言及しませんが、負けた額の倍額を賭けていくマーチンゲール法やグットマン法などがそれにあたります。必ず各々にあったシステムベット法が見つかると思いますのでまずは色々と試してみることが大切です。

オンラインカジノを副業でやるならやめる勇気が大切

オンラインカジノのギャンブルはやめる勇気が大切

しかしながら、テーブルゲームで勝つのに一番必要なのは運ですが二番目に大切なのがやめる勇気だと私は思います。なにも負けているときだけではありません。勝っている時も同様のことが言えます。ズルズルと負けを認められず引きずってしまうのもよくありませんが、目標金額を設定して勝ち逃げができないと必ずトータルとしては負けてしまいます。

オンラインカジノをギャンブルとしてやっていたのではいつまでたっても稼げません。副業としては成り立ちません。なので、ギャンブルとしてはやらない!ズルズルとやらない!などやめる勇気が必要です。

副業ならリスク分散のために複数のサイトに登録しよう!

リスク分散のために複数のサイトに登録しよう!

日本語対応のオンラインカジノはざっと数えても15サイトほどあります。それぞれのサイトで入金ボーナスを行っているので相性がいいからといって一つのサイトに固執するのは、副業としてあまり得策とはいえません。それに1つのサイトで負けてしまっても2つ、3つのサイトと資金を分散させておけばリスクの管理にもつながります。具体的な活用例を上げると主にテーブルゲームをやるサイト、スロットをやるサイトと分けておけば、どれだけテーブルゲームでの資金管理が上手くいっているのかということがわかると思います。副業なのでビジネス的な要素が必要ですよ。

オンラインカジノの副業利益は一時所得!稼ぎすぎは税金に注意

オンラインカジノの利益は一時所得!稼ぎすぎは税金に注意

オンラインカジノの収入は一時所得に分類され税金の対象になります。一時所得は次のように計算します。

総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)

オンラインカジノでは勝利金を銀行口座に着金させる必要があるため記録が残り脱税は不可能です。この税金の計算を行う際に注意して欲しいのが課税されるタイミングです。トータルでの損益で計算し税金を納めればいいのかということではなく、勝利金が発生したたびに課税されるため私達が納めればいいと思っている金額とはかなり相違がでてくると思われます。

なので、税金が気になる人は確定申告の必要のない50万円以下に勝ち金を収めてください。一般的に100万円以上の金額が動くと銀行から税務署に報告がいくと言われています。なので資金を小分けにして銀行口座に移すという手も良さそうです。いずれにしても税金を納めることは国民の三大義務の一つです。副業でも大金を手にしたときは確定申告を必ず行ってくださいね。

副業ならオンラインカジノののめり込みに注意

オンラインカジノののめり込みに注意

オンラインカジノは一日中やっていても飽きるということはないということは経験者の人ならばわかると思います。いくら副業のオンラインカジノで利益をだせるからといって本業が疎かになってしまっては元も子もありません。日本人のギャンブル依存性の人は360万人とも言われています。この対策としては収支をつけることがオススメです。日々のお金の動きを分析することで冷静になることができるはずです。

オンラインカジノはあくまでも副業に最適であり、本業としては生活することは至難の技です。クレジットカードをはじめとする決済方法が使えるオンラインカジノですが、方法を間違えると破滅の道を歩むことにもなりかねません。

一人一人が責任を持ってオンラインカジノで副業を実践してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です