ライブルーレットのやり方!ルーレットの基本ルール

ライブルーレットのやり方!ルーレットの基本ルール

ライブルーレットのやり方!ルーレットの基本ルールも解説

オンラインカジノでも人気が高く、初心者でも楽しめるのがライブルーレットです。

実際のディーラーがゲームを進行する様子をライブ映像で見ながら、本場のカジノの雰囲気を楽しめます。今回はこのライブルーレットについてご紹介します。

ライブルーレットとは

まずはライブルーレットについての概要を説明します。

ライブルーレットはたいていのオンラインカジノにある

ライブルーレットはたいていのオンラインカジノにある

オンラインカジノにはプログラムによってゲームが進行するものと、実際のディーラーによってゲームが進行するライブゲームがあります。ライブルーレットは人気の高いゲームなので、たいていのオンラインカジノで提供しています。

テーブルもいくつか用意されていますが、多くの場合は最低ベット金額が0.5ドルか1ドルに設定されています。プログラムによるルーレットは0.1ドルからなので、少し高めの設定です。

またテーブルの中には、ゲームの進行が早いスピードルーレットというものもあります。

ルーレットには緑がひとつ(0のみ)のヨーロピアンタイプと緑がふたつ(0と00)のアメリカンタイプの2種類があります。ライブルーレットにも、その2通りのテーブルを用意しているオンラインカジノがあります。

ライブルーレットの概要

ライブルーレットの概要

ライブルーレットは実際にディーラーがルーレットを回しゲームを進行させる映像を、リアルタイムで配信するスタイルになっています。配信する場所はオンラインカジノ専用のスタジオなので、実際にあるカジノから中継をするというわけではありません。

それでも、本物のカジノの雰囲気は十分に味わえるでしょう。

ライブルーレットの画面は、実際のディーラーがルーレットを回す画面が表示されます。ほかにチップを置くベッティングエリアとチップ選択画面、過去の出目の統計データなどが表示されています。

過去の出目の統計データは、赤や黒、奇数や偶数などの出目の履歴が表示されます。もちろん各数字も、それぞれどの程度の割合で出ているのかがひと目でわかるようになっています。

チップ選択画面では、プレイヤーが賭けるチップの金額を選択できます。そこで選択したチップを、ベッティングエリアでベットしたいところをクリックすることで賭けるようになっています。

ここは本物のカジノでチップを賭けるようなリアル感があります。

ライブルーレットには多くのプレイヤーが参加している

本物のルーレットにも複数のプレイヤーが同時に賭けるように、ライブルーレットでも多くのプレイヤーが同じテーブルに参加しています。

それも、本物のカジノ以上に大勢のプレイヤーが参加できますし、1ゲーム終わるごとにどのプレイヤーがいくらのお金を獲得したのかも表示されます。

ここも臨場感を味わえる演出といえますが、つい熱くなるといったことがないように注意はしておきたいものです。

ライブルーレットのゲーム進行について

ライブルーレットのゲーム進行について

それではライブルーレットがどのように進行するのかを説明します。

ライブルーレットはきっちりと時間とおりに進行する

ライブルーレットをする人の意見には、ベットする時間が短いというものがあります。

ライブルーレットはひとつのプレイ時間が決まっています。ベットを開始してから終了するまで、およそ20秒ほどと制限があるので、この点は本物のカジノとは違います。まずベット受け付けを開始したら、いくらのチップをベットするのかを決めます。

これは数字の書いてあるチップをクリックすることで選択できます。たとえば3ドルを賭けたいという場合、1ドルチップを選択して賭ける場所を3回クリックします。間違って多くクリックしてしまっても、取り消しができるので心配ありません。

あるいは8ドルを賭けたいという時は、1ドルで8回クリックしてもよいですし、1ドルを3回とチップを5ドルに切り替えて1回クリックでもかまいません。

ここは自分がやりやすいようにすればよいでしょう。ベットの受け付けが終了すると、ディーラーはボールをホイール(ルーレットの円盤)に投入します。

ルーレットの賭け方と配当

ライブルーレットの賭け方は一般のルーレットの方法と同じです。賭け方と配当は、次のようになります。

①インサイド・ベット②アウトサイド・ベットに分けて解説していきます。

① インサイド・ベットとは!?

インサイドとは、ベットするテーブルの0から(あるいは00も含む)36までの数字が書かれたエリアのことです。

インサイドとは、ベットするテーブルの0から(あるいは00も含む)36までの数字が書かれたエリアのことです。このエリア内にチップを置くことを、インサイド・ベットと呼びます。このインサイド・ベットには次のような賭け方があります。

ストレートアップ(一点賭け) 配当36倍

これは37(あるいは38)の数字のうち、どれかひとつだけを選んで賭ける方法です。たとえば”1”を選んだら、”1”と書かれた場所にチップを置きます。

ストレートアップ(一点賭け) 配当36倍 これは37(あるいは38)の数字のうち、どれかひとつだけを選んで賭ける方法です。

チップはテーブルで定めている上限以内であれば、いくら賭けてもかまいません。また、一箇所だけではなく複数の数字に賭けても大丈夫です。もちろん、ベットを受け付ける時間内に済ませなければならないので注意しましょう。当たる確率は約36分の1となります。

つまり当たれば賭け金の36倍が払い戻されます。もし1ドルを賭ければ36ドルとなって戻るので、35ドルの利益を得ます。

スリップベット 配当18倍

スリップベット 配当18倍 これは隣り合う2つの数字に賭ける方法です。

これは隣り合う2つの数字に賭ける方法です。たとえば”4”と”5”のどちらかにボールが落ちることに賭けるならば、”4”と”5”の間にチップを置きます。

“5”の隣には”2”と”8”があるので、同時に”5”と”2”の間にベットすることもできます。この場合、”4”と”5”、”5”と”2”に賭けているので、もし”5”にボールが落ちるとそれぞれの配当の18倍×2の配当金を得ることになります。つまり当たる確率は約18分の1ということです。

ストレートベット 配当12倍

ストレートベット 配当12倍 これは3つの数字が並ぶ列に賭ける方法です。

これは3つの数字が並ぶ列に賭ける方法です。たとえば”1””2””3”の3つの数字に賭けるならば、”1”のマスの下にチップを置きます。これで、3つの数字のどれかにボールが落ちれば当たりとなります。当たる確率は約12分の1です。

コーナーベット 配当9倍

コーナーベット 配当9倍 4つの数字に賭ける方法です。

4つの数字に賭ける方法です。たとえば”1””2””4””5”のどれかに落ちれば当たりとなるように賭けるならば、その4つの数字のマスの中心にチップを置きます。当たる確率は約9分の1です。

ダブルストレートベット 配当6倍

ダブルストレートベット 配当6倍 これはストレートベットで2列に賭ける方法です。

これはストレートベットで2列に賭ける方法です。つまり6つの数字のうちどれかにボールが落ちれば当たりとなります。

ストレートベットで賭ける場所の、隣り合う数字の間にチップを置きます。たとえば、4~9の6つの数字に賭ける場合には、”4”と”7”の間にチップを置きます。当たる確率は約6分の1です。

② アウトサイド・ベットとは!?

アウトサイドとは、数字が書かれたエリアの外にあるエリアにチップを置く方法です。

アウトサイドとは、数字が書かれたエリアの外にあるエリアにチップを置く方法です。次のような方法があります。

ダズンベット 配当3倍

ダズンベット 配当3倍 数字が書かれたエリアのすぐ下に、”1st12””2nd12””3rd12”と書かれているマス

数字が書かれたエリアのすぐ下に、”1st12””2nd12””3rd12”と書かれているマスがあります。これはそれぞれ、1~12、13~24、25~36のグループを意味します。つまりそれぞれのマスにチップを置けば、それに対応する12の数字のグループ全体にベットすることになるわけです。当たる確率は約3分の1となります。

カラムベット 配当3倍

カラムベット 配当3倍 こちらもダズンベットと同じく12の数字すべてに賭ける方法です。

こちらもダズンベットと同じく12の数字すべてに賭ける方法です。ダズンベットが縦に3分割されていることに対して、カラムベットは横の3列に分割されています。1番右に”2:1”と書かれたマスが3つあり、上・中・下の列のいずれかに賭けます。確率は約3分の1です。

赤黒 配当2倍

ルーレット赤黒 配当2倍

数字が書かれたポケットにはそれぞれ赤か黒のどちらかの色が塗られています。それぞれ18個あり、どちらかに賭ける方法となります。ベッティングエリアは1番下に赤と黒のマスがあるので、どちらかにチップを置きます。確率は約2分の1です。

ハイロー 配当2倍

ハイロー 配当2倍 こちらは36の数字のうち、1〜18のローか19〜36のハイか、どちらかに賭ける方法です。

こちらは36の数字のうち、1〜18のローか19〜36のハイか、どちらかに賭ける方法です。

ベッティングエリアは左右の端にあり、”1•18”か”19•36”のどちらかにチップを置きます。確率は約2分の1です。

オッドイーブン

オッドイーブン 数字の偶数か奇数のどちらかに賭ける方法です。

数字の偶数か奇数のどちらかに賭ける方法です。

ベッティングエリアの1番下、赤と黒のマスの両端にチップを置く場所として、”Even(偶数)”と”Odd(奇数)”があります。こちらも当たる確率は約2分の1になります。

賭け方としては以上になります。

ライブルーレットのやり方

ライブルーレットのやり方

それではライブルーレットのやり方を説明します。

ベットする

ルーレットのルールは、ホイールに投げ入れたボールが落ちた場所にチップを賭けていれば、その賭け方に応じた配当金を受け取るというものです。

もちろん事前にどのポケットへボールが落ちるのかはわかりません。また予測するのも難しいでしょう。そのような条件の中で、どのポケットにボールが落ちるのか賭けるということになります。

ルーレットはベットする時間と、ホイールにボールを投げ入れて当たり外れが確定する時間という、ふたつのサイクルを繰り返します。

プレイヤーがチップをベットする時間は限られていて、せいぜい20秒程度です。その間にベッティングエリアの中で好きな場所に、好きな金額のチップを置いていきます。複数の場所に同時に置くことも可能ですが、注意点がひとつあります。

両賭けのベットは禁止されている

両賭けのベットは禁止されている

好きな場所にチップを置けると説明しましたが、ひとつだけ例外があります。それは、多くのオンラインカジノでは両賭けのベットは禁止しているということです。両賭けとは、どのポケットにボールが落ちても(ほぼ必ず)当たるような賭け方です。

具体的には、赤と黒の両方に賭ける、あるいは奇数と偶数の両方に賭けることです。もし緑(0と00)に落ちれば外れとなりますが、それ以外にボールが落ちれば必ず当たりとなります。

ほかにダズンベットやカラムベットでも同じことができますが、すべてに同じ賭け金を賭ければ、賭け金はそのまま戻る形です。これに何の意味があるのかということになりますが、実はカジノ側には不利になることがあります。それは、ボーナスです。

オンラインカジノでは新規アカウント登録時や入金時に、ボーナスを提供することがあります。このボーナスはそのままベットに使うことができますが、当然ながらそのまま出金することはできません。

ではどのように出金するのかというと、ボーナスとして受け取った額の指定された倍数の賭けをすることで、アカウントの口座から引き出すことができます。とはいっても、それだけの賭けをする間に損をしてボーナスはなくなってしまうことが多いものです。

しかし両賭けをすれば、ほぼ失うことなくそのままの金額で、指定された倍数の金額を賭けることが可能になります。

そのため、オンラインカジノでは上記のような両賭けを禁止するところが多いということです。実際にチップを置こうとしても、置けないようになっているところが多いようです。

ベット後のライブルーレットの進行

時間内にベットが終わると、いよいよディーラーがボールをホイールに投げ込み、”ノーモアベット”のサインとして両手を左右に広げ(野球のセーフのようなポーズ)、当たり外れの結果を待ちます。

  1. 回転するホイールの上でボールがポケットの上を跳ねていきますが、やがていずれかのポケットに落ちます。ライブルーレットによっては、その瞬間をアップの動画でスローモーション再生することがあります。もちろんこれはリアルタイムで起きていることを、すぐにスローモーションで配信しているものです。
  2. そして落ちたポケットにベットしていれば、賭け方に応じた配当金が支払われ、外れたら賭け金はすべて没収となります。
  3. そして次のゲームに移ります。もちろんゲームは淡々と進みますが、ベットせずにそのまま様子を見ていることもできます。

ライブルーレットのやり方は、以上です。

ライブルーレットで勝つ方法

ライブルーレットで勝つ方法

それでは最後に、ライブルーレットで勝つためのポイントをいくつかご紹介します。

配当2倍の賭けをする

ライブルーレットには配当36倍のストレートベットから、配当2倍の赤黒やハイローなど、さまざまな賭け方があります。ストレートベットで当てると気分も良いものですが、勝つためのルーレットをするのであれば配当2倍の赤黒などをおすすめします。

配当倍率の高い賭け方だと、当たりが出るまでに相当の時間がかかることがあります。もちろんその間は損失が積み重なります。低い配当倍率の賭けであれば、短時間で当たりを出すことができるので、資金はそれほど早くなくなることはありません。

賭け金を少しずつ増やす

賭け金を少しずつ増やす

当たる確率がほぼ半々の赤黒やハイローでも、なかなか当たらないことがあります。しかし、確率がほぼ半々ということは、何十回も外れ続けるということは少ないものです。

そこで、外れが続くようであれば賭け金を少しずつ増やすことがおすすめです。それだけ当たった時の配当金が大きくなるからです。それまでの損失をかなり回収することができます。

まとめ:ライブルーレットのやり方!ルーレットの基本ルール

ライブルーレットのやり方!ルーレットの基本ルール

ライブルーレットは、本場のカジノの雰囲気をライブ映像で伝えるので、臨場感があります。ただしその雰囲気に舞い上がり、当たりを出したユーザーのその金額に触発されて無理な賭けをしないようにすることが大切です。

ストレートベットで一気に大きな金額を賭けるようなことをしなければ、自宅にいながら本物のカジノの雰囲気を長く楽しむことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です